脱毛をする前に、悲しいかな毛深いのは約50%が両親からの遺伝

剛毛のムダ毛は遺伝 脱毛

トナカイです。

毛深いのは嫌だと思うのは不思議ではありませんよね。

一日も早くツルツルの素肌になりたいと思うものです。

毛深いのを解消する為に脱毛を考えますが、脱毛をするにあたって事前に知っておきたいムダ毛体質タイプを確認しておきたいですよね。

要するに脱毛をするにあたって、自分のムダ毛の要因は父親譲りなのか?母親譲りなのか?両親譲りなのか?親族の身体を観察してみると、ほぼ確定致します。

どんなご両親のムダ毛体質を受け継ぐかが、あなたのムダ毛の悩みが決定すると言ってもいいのです。もちろん、その逆のタイプで身体の毛が薄く脱毛をする必要が無いタイプも存在しますよね。

医学的な根拠からも約50%が身体への遺伝が影響すると言われております。私も父親の遺伝子が強く影響しております。だから毛深く、割と髪の毛も剛毛なタイプで苦労しました!!

それを知っておく事で、脱毛を始める時に最適な方法を見つけて、寄り道しなくて済みます。

 

↓大まかにはこんな感じだと思います。↓

  • 女性ホルモンよりも男性ホルモンが強い系で全身毛深いタイプ
  • 部分系のムダ毛タイプ(例えば、脇毛が濃い、ヒゲが濃い、VIOが濃いなど)
  • 毛が細く産毛のようなが毛が多いタイプ

 

ムダ毛の系統はだいたい50%は両親の遺伝が影響する

ムダ毛がどこに集中するのかは、ほぼ50%が両親のムダ毛体質で分かりますよね!

悲しいですが、親が毛深いと子供である私達が毛深くなるのは致し方ありません。思春期になり体毛で悩み出した経験は誰にもあると思います。恥ずかしかった思い出や悔しい思い出など...

しかしムダ毛(毛深い)で悩んでいるよりも、一刻も早く悩みを解消する方法を考えた方がイイですよね。

その為にもご自身のムダ毛情報を確認しておきたいものです。

 

さて、先ほどと重複になりますが、だいたい下記の3つの系統に分かれると思います。

1)男性ホルモン強い系の全身ムダ毛タイプ

2)部分的にムダ毛が多いタイプ

3)毛が細く目立ちにくいけど近くで見ると気になるタイプ

 

両親が上記の3つのタイプのどれかに当てはまると思います。

※上記に当てはまらない人もおります。お産を経験されている方は、産前産後に急激に毛深くなる事がありますので、また別の機会にお話致します。

では、3つのタイプ別に脱毛方法を考えてみましょう!

 

ムダ毛体質別に脱毛方法を検討してみましょう!

毛質にあった脱毛方法

 

1)男性ホルモンが強い系の全身ムダ毛ぼ脱毛方法...

男性ホルモンの影響で毛が太く、毛根もしっかりしています。毛根が強いために、従来のカミソリや除毛クリームをしても、皮膚から出ているムダ毛は無くなっても、毛穴の奥にある毛は消滅する事が難しいですね。それと毛穴の点々が目立ちます。しかも何度も脱毛処理を重ねても、また直ぐに生えてきます。そんな方には、やはりコストが掛かっても永久医療脱毛脱毛エストサロンがおすすめですね。確かに予算も跳ね上がりますが、その後のムダ毛の悩みから解消される事を考えると永久医療脱毛脱毛エストサロンとなります。

医療脱毛を始めるならレジーナクリニックが最適

医療脱毛をリーズナブルで出来るボンボン脱毛がおすすめ

**~全身脱毛33カ所が通常9500円のところ、今だけ!初月0円~**

2)部分系のムダ毛タイプの脱毛方法...

混合型で、部分的にムダ毛が濃くて、他はそんなに濃く無いタイプの方もいます。腕やすね毛はもの凄く濃いムダ毛なのに、胸の部分やVIO(デリケートゾーン)などはそんなに濃く無いなど...。眉毛やVIO(デリケートゾーン)の体毛が濃くても、腕やすね毛部分は薄い場合もあります。このタイプにおすすめの脱毛方法と手順は、特に気になる部分は脱毛エステサロンで処理をして、家庭用光脱毛器除毛クリームで定期的に処理をする事が最適なプランだと思いますね!部分的な医療脱毛や脱毛エステでしたらそれほど予算が掛からなく、家庭用光脱毛器を新規で購入してもトータルではコストパフォーマンスが良いと思います。除毛クリームでしたら更にコストが抑えられますが、使用頻度が多いと予算も結構掛かります。

あのドクターシーラボから脱毛&美顔を同時にケア

業界最高クラスの光パワー搭載脱毛機LAVIE

サロン級の業界トップクラスの照射パワー脱毛器

3)毛が細く産毛のようなタイプの脱毛方法...

毛が細く柔らかいタイプで、VIO(デリケートゾーン)の体毛も薄く、全体的に産毛をような毛が密集しているタイプの方は、一見目だちにくい感じですが、結構厄介なムダ毛でもあります!普通のカミソリでも処理は十分に可能ですが身体の隅々まで処理を頻繁にやらないといけません。もちろんカミソリでお肌も痛めてしまいがち。こんなタイプの人には、医療脱毛や脱毛エステに通う程でもなければ、除毛クリームがおすすめですね!コストが掛けれるのであれば家庭用光脱毛器を新規で購入しても良いと思います。

[医薬部外品]薬用マイルドリムーバー スルル

サロン級の本格ケアがお風呂で塗るだけ!ミュゼ除毛クリーム

それぞれに脱毛方法に特徴もあります。しかしムダ毛が気になり脱毛をするのであれば、それなりに予算も必要ですし、通ったり時間と労力に必要となるのは仕方がありませんね。
上記の3つのタイプをチェックして、コストパフォーマンスと長いスパンでムダ毛とお付き合いする事も検討して見るといいのではないでしょうか。
親の遺伝子でムダ毛に悩むについてまとめ
今までの人生で、毛深いお悩みは親からの血筋で50%が確定します。
でも、悩むよりもご自身に合ったムダ毛を処理する脱毛方法や手順を選定して、脱毛を試してみるのが最適ですね。
判断基準として3つのムダ毛タイプに分けられるので、そのタイプによって脱毛方法を選択する事がおすすめです。損や失敗をしないようにコストパフォーマンスや労力・時間を使い方も判断できますよね。
あなたに合った脱毛方法や手順を探して下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました