時短な脱毛手順と、あなたにあった脱毛方法の選び方

脱毛方法 選び方 脱毛

自分の全身を鏡で見てみると、気になるムダ毛ですね。

どっから見ても毛深いのは恥ずかしい・見られたくないと言うマイナスイメージが湧きます。

特に日本人はムダ毛⇒汚い・清潔感がない・女性らしくないと言う第一印象が出ます。

今では脱毛は夏季限定のボディーケアではなくなっております。

男女や年齢に関わらず、脱毛が必要になってきてます。

以前、私の子供が通っていた幼稚園のご夫婦はおでこ~下半身(局部)~足のつま先まで

夫婦揃って全身脱毛をやっておりました。えっ~本当にってびっくりしちゃいましたが事実です。

では、脱毛方法を考えた時に選び方の基準を一緒に検討してみましょう。

 

●脱毛の箇所とは⇒腕毛、胸毛、わき毛、つね毛、尻毛、うなじ、背毛、デリケートゾーン、ヒゲ、鼻毛、そして最後は要するに全身脱毛ですね。

 

脱毛方法にはどんなものがある?

脱毛 方法

 

✔脱毛専用クリーム

超手軽で簡単。煩わしい時間が掛かるがお肌はダメージがない。お気に入りの歌を聞きながら

コスト面では1,000円~10,000円位で全身に使用すると1回でなくなるので、半年ベースで平均コストが6,000円位の計算になると思う。

 

おすすめ除毛クリーム

SuRuRu

ゼロクリーン

除毛クリーム

※デメリットはお肌に合わない成分があった時にかぶれ・皮膚炎の炎症が出ると無駄になる。
中古としてメルカリやヤフオクで販売する作業が必要になる。

 

✔光脱毛・レーザー脱毛

こちらも超手軽、楽天市場やアマゾン・テレビ通販チャンネルでも超人気の逸品!

しかも安全基準の評価も高い。でも購入コストが超高い(10,000円~70,000円)かなり価格の幅が広い、性能も各メーカーによっても違いがあり高性能もある。人気の脱毛器

 

※デメリットはメンテナンス用のレーザーフィルター交換が必要でコストが掛かる!
けして安くない。あくまでも機器なので壊れたら粗大ごみ行き。メーカー保証も大体1年間だから不良品が直ぐに発生しなくて1年後に来るかもしれない。

おすすめ光脱毛器・レーザー脱毛器

トリアビューティー

【光エステ脱毛器 LAVIE】

脱毛ラボホームエディション/新規顧客初回購入

✔脱毛サロン・医療脱毛

メジャーの有名サロンから、街中にある中小の店舗もある。グーグルで検索して見るととてつもない数の脱毛サロンの店舗がヒットしてくる。地域で検索すると分かりやすい。

プロのエステティシャンが施術するので、ただベッドに横になっているだけなのが楽です。大体の料金体系、コースによってピンキリですが局部脱毛40,000~全身脱毛130,000円程!

運営会社によっては返金保証などを付けている所もあります。

 

※デメリットはサロンによっては、当たり外れの覚悟は必要!メジャー級の有名サロンだと脱毛コースによっては高額になる。明朗会計で安心な面もあるが、ネット予約で実際サロンに足を運んで説明を受けると、WEB上の告知と違うじゃんなんかもあります。無名な脱毛サロンだと怪しい感じがして怖い...。
初回無料施術キャンペーンなどで集客して高額なコースへと誘導する感じがする。しかもこのご時世でいつ脱毛サロンが倒産するかもしれないリスクがあり、高額なコースをローンやクレジット決済で契約をした場合は戻ってこない。かなり怖いですね。

おすすめ脱毛エステ

キレイモ
脱毛エステサロン【KIREIMO -キレイモ-】

レジーナクリニック
全身医療脱毛美容クリニック【レジーナクリニック】

医療脱毛全身医療脱毛【ボンボンクリニック】

 

✔カミソリ脱毛

古い世代の方からすると、カミソリ除毛する事が多いと思います。ドラックストアーやスーパーで簡単に300円前後で購入ができる為、手軽で簡単即効性があるので緊急の時には欠かせないムダ毛処理方法だと思います。

FIVE SHAVE(ファイブシェイブ)

※デメリットとしては直接カミソリをお肌にあてる為、傷つけやすくお肌の皮膚が薄い方にはいわゆる
カミソリ負け状態になり出血やばい菌が入り炎症を起こす怖さが付きまといます。お肌にニキビやアトピー性皮膚炎などをお持ちの人は向かない脱毛方法です。
毛深い方には毛穴がクッキリ見える、毎日剃らないいけないなど、相当のストレスがあり地味な作業になります。

上記を検討し、毎日の生活を考えると宜しいのかと思います。

それぞれに特徴があり、コストを考えながら選びたいですね。

常に脱毛の必要な職種とは 

脱毛 口コミ 第一印象

年間通して、脱毛が必須の職種がありますよね。

はっきり言って見た目が大事!第一位印象が全てで、ムダ毛があったら夢も希望もなくなるような

職種はあります。腕毛がチョボチョボ生えていたり、つね毛があったら職種柄のイメージも台無しですよね。

水着で撮影をされるモデルさんや水泳選手のデリケートゾーンのムダ毛処理もはや必須条件!!

脱毛の処理具合一つで、その人の見た目まで左右するムダ毛はお仕事をされる上で人柄まで判断されてします身体の一部ですね。

 

常に脱毛が必要な職種
看護師さん、キャビンアテンダントさん、OLさん、モデルさん、タレントさん、スポーツインソラクターさん、水泳選手、陸上選手、ウェートレスさん(半袖ユニホームの場所)、ヨガ講師さん、ダンサーさん、ホステスさん、キャバクラ嬢さん、ホストさん、お金持ちさん、

 

上記の方に限らず、結婚をシーズン時は背中のムダ毛処理や、就活の際に第一印象が大事と言う事で、学生さんなんかも顔・膝下・手の甲などの脱毛をする機会が多いですね!

見た目だけで判断するなんていどいと言う人も入ると思いますが、でも結論から言うと見た目ですよね。

第一印象は合った瞬間の3秒で決まってしますと言う学説的に証明されております。

見た目で、「人生を損する人か得する人」かは、やっぱり得したいですよね!

定期的に脱毛は欠かせないと言う事ですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました